京都ペレット町家ヒノコ

        InstagramInstagramFacebookFacebookTwitterTwitter

京都ペレット町家 ヒノコ 〒604-0931 京都市中京区寺町通二条下ル榎木町98番地7 TEL:075-241-6038 / FAX:075-741-8023





HOME > ペレットボイラー > 個人宅事例レポート

ペレットボイラー なぜ今、木質ペレットボイラーなの



導入事例レポート

■個人宅
■機種:株式会社河西 テルモロッシ社「COMPACT18」
■用途:給湯、床暖房
■導入時期:2011年1月


外観


外観:貯湯タンク小屋


テルモロッシ社COMPACT18


ペレット投入


Q1:導入のきっかけを教えて下さい。

  • 前々から、木質と太陽熱だけの化石燃料を使わない給湯暖房システムにしたかったので、自宅を新築する時に行いました。

Q2 使用している施設や使用状況を教えて下さい。

  • 我が家では、まず太陽熱でお湯を沸かし、足りない時にペレットボイラーを使う、一般家庭では日本初のコンビシステムを使用しています。この2つの暖房システムで、給湯と床暖房に使用しています。今は近くにいい温泉があって入りに行っているので、夏場はあまり使いませんが、冬場はボイラーも稼働します。ペレットボイラーと貯湯タンクは、家の横にある小屋に設置しました。ただ、メンテナンスのことを考えると、小屋が少し小さかったなーと思います。

Q3 ペレットボイラーの使い心地はどうですか?

  • 太陽熱では足りなくなったら、温度センサーが自動的に察知して、ペレットボイラーが稼働してくれるので、便利ですね。

ページの先頭へ